間違いなくユリノキ

11月15日の当Blogで「このー木、なんの木」と皆様に木の名を問いました。

桐の葉と桐の幹肌にそっくりで、新緑が綺麗で、黄葉が見事な木です。

ある方から「それはユリノキ」ではと回答がありました。

別名ハンテンボク(葉が半纏に見えるので半纏木)、チューリップツリー。

5〜6月頃、チューリップに似た黄緑色の花を咲かせますが、大きな葉に隠れて目立たちません。

それで、気がつかなかったのですね。

果実はローソクの炎の形の集合果で、個々の果実は細長い「へら型」の翼果だとのこと。

先日、その実を確かに確認でき、証拠写真を撮ることが出来ました。

長年木の名が判らず、ユリノキと聞いても半信半疑でしたが、間違いなくユリノキでした。

“つれづれなるまま”」のSNS版です。

Blog版をご覧いただける方は是非下記URLをお訪ね下さい。

http://stajiri1123.blog20.fc2.com/