睡眠不足に効くグッスリ快眠するコツ

睡眠時間って個人差があると思いますが、6時間以下の睡眠が続くと心や身体が危険な状態になる発表も仕事柄やストレスで睡眠不足な時に使える快眠するヒントを紹介します。

1日の睡眠時間ってどのくらい寝てます?

不眠症状の人が増えている。

睡眠不足が続くと精神的にも肉体的も影響が出ています。短めでも良い睡眠を取れるためには、どうすればいい?

睡眠不足で疲れを感じる人は

寝つきが悪い睡眠中に何度も目が覚める朝早くに目が覚めるなどの不眠症状に悩んでいる割合は、10人のうち3人ほど

緊張感の高い作業を週に40時間以上続けたとき、眠れない夜に苦しんでいたのです。

特に若い世代で深刻で、男性では20代で493、30代で421。女性も20代で568、30代で492と、半分近い人が昼間に眠気を感じていることが分かった。

寝不足によるデメリットも心配される。

1日の睡眠が5時間以下の人は心臓病の発症率がも高くなるとか。

睡眠不足は心の病気や、肥満糖尿病などの深刻な健康問題にもつながっているのです。

体重が増える通常よりも多くカロリーを摂取する傾向がある。

ガンにかかりやすくなる夜勤が多くて体内時計が狂いがちな人ほど、大腸がんと乳がんの発症率が高かったそうな。

そもそも人は、なぜ寝るの?

いまだに明確な答えはありませんが

疲れた脳を休息させるには睡眠以外に方法はありません。脳に疲労が蓄積すると正常な判断ができなくなります。

寝ている間のみオンになる遺伝子が一部存在それは、精神的健康に直結していて、精神分裂病鬱病を防ぐ力があるとのことです。

仕事や個のストレスによって睡眠時間に変化も

最も短かったのは営業企画系の人で617時間だったそうです。

一般的に健康のために推奨される睡眠時間は7〜8時間ですが、実際にそれだけ睡眠に時間をとれる人はごくわずか。

睡眠には、脳を休めて日常で溜まっていくストレスをとりのぞく効果があります。だからこそ睡眠が大切になってくるのです。

睡眠不足を補ったりで深く眠るにはどうしたらいいの?

十分な睡眠を取って、と言われても現実的には無理な場合もありますよね!

短い昼寝が効果的

午後の眠気対策に昼寝が勧められている。午後の早い時間帯に1520分の短い昼寝をすると作業効率アップに効果的。

夜の睡眠を深くする効果もあるので、睡眠不足も解消できます。

寝る前の時間を大切に

できるだけ脳への刺激を避けてゆったりとした時間を過ごすように心がけましょう。

日中は体をしっかり動かし、寝る前にはリラックスできるようなストレッチを行う。

寝つけないなら、思い切って寝室を出てほかのことをする。眠くなったら寝室に戻ると、スッと眠れます

寝るための環境を整える

睡眠直前の食事は控えましょう。可能であれば、22時にはベッドに入り、日づけの変わる0時には眠れるようにしましょう。

電気を付けたまま眠る行為はメラトニンと呼ばれる、眠りを誘う睡眠ホルモンが機能しなくなってしまうのでおすすめしません。