本読み録 「第四権力 スキャンダラス・テレビジョン」

 タイトルに惹かれて手にした高杉良さんの「第四権力 スキャンダラス・テレビジョン」。

タイトルからして、やらせとか、スクープを巡るあつれきとか、テレビというメディアのS内幕を書いてるのかな、思ったら想像とはちょっと違ってました。

 内幕というより、内側の権力争い。テレビ界だけでなく、どこの業界でもあるような。

それはそれで、ダーティS、こと瀬島と木戸副社長の軋轢、どうなるのか気になって先へと読み進められましたが。

 ラスト、こんな幕切れ?と拍子抜けしました。ぽーんと放り出されたような、そんな感じ。「TO BE CONTINUE」マークが見え隠れしてるようなw。続編、見てみたい。