手放しても、大丈夫。

色んなものを握りしめてたときは、

ガチガチしてて焦ってばかりだった気がする。

何かがなくなると、

少しでも損なうと、

大変なことになると思ってた。

なくなったら、

幸せを失うと思ってた。

家族、

仕事、

家、

お金、

友だち、

評判、、

手放してもいい。

手放しても大丈夫。

と、

思えたとき、

軽くなって、

ラクになった。

実際に、

ぜんぶ手放すかどうか、

とかじゃなくて。

あってもいい。

なくてもいい。

選択肢が拡がって、

自由になる。

恐れからじゃなく、愛から

選択できる。

てことなんかな。

手放すことで、

悲しい思いや、

惨めな思いや、

たくさんの不安や、

淋しい思いを、

味わうことになっても、

その惨めな自分も淋しい自分も、

それでも、

大好きでいられる。

と思えること。

そして、

惨めな自分も、淋しい自分も、

それでも、

幸せにしてあげられる。

と思えること。

どんな自分も、愛せる。

どんな自分も、幸せにしてあげられる。

まだ小さくても、

その力がわたしのなかにあることが、

とても心強い。

きっと、

何を手放しても、

大丈夫。

わたしがいれば、

大丈夫。